港区タワマン 底辺暮らし

港区タワマンで底辺ギリギリライフを送る、2児のワーママです。タワーマンションでのリアルな暮らしや、ママ友ネットワークを駆使したマンション情報などをお届けします。

港区ママって実はケチ!?お金をかけるところと削るところ

f:id:minatokumama:20181225211753j:image

元・港区女子だった方も多い港区ママ。

 

さぞかし華やかな暮らしをされているんだろうな〜と思うんですが、そうとも限らないみたいです。

 

お金をかけるところ

家事の外注

定期的に家事の外注してる方、本当に多いです!

紹介でお願いしているという方が多かったですが、タスカジやcasyなどのアプリでお願いしている方もいました。

 

ちなみに我が家も2週間に1回、casyさんでお掃除をお願いしています。

詳しくはこちらの記事でご紹介しています。

 

www.minatokumama.com

 

 

住宅ローンまたは家賃

住む場所がQOL (クオリティオブライフ、心地よく暮らせる指標 )に直結するので、ここは削らないというお話も聞きました。

 

まあ、外資系勤務で家賃補助がめちゃくちゃ出る、という方も多いんですけどね!

 

子どもの教育費

子どものうちにしっかり英語などをやっておくほうが、結局コスパがいいという説もありますね。

英語ベースの体操教室や音楽教室に通っている方も多いです。

こちらもまた別の記事で詳しくお伝えします。

 

お金を削るところ

交通費

都心に職場があるのであれば、近くに住めば交通費は段違いに節約できます。

また、「夫はシェアバイクで自転車通勤」という方もいました。

最近都内でよく見かける、赤い電動自転車ですね。

 

タワーマンションだとマンションにシェアバイクのステーションがついている場合もあり、そうするとほとんど自分の自転車のように使えるんです。

 

まあ、自家用車という方もいらっしゃいましたので、ここも一概には言えませんが…!

 

外食費

こちらは両極端でした。

1人の時はUber Eats、夫がいるときは外食などでほとんど作らない、という方もいますし、

健康のため、家族のごはんは三食自分で作るという方もいらっしゃいました。

 

いずれにせよ、家庭の中で理由がしっかりあるとよいですね。

 

美容費

コスメや美容室、エステに湯水のごとくお金を使っていると思われがちですが、意外と普段はすっぴんと言う方もいらっしゃいました。

 

また、洋服やバックも、独身時代はそれなりに使ったけど、産後は興味がなくなったと言うお話も聞きました。賢くおしゃれしている方が多いようです。

 

出費はメリハリつけて

固定費は高めでも、変動費は意外と節約している方が多いみたいです。

 

お金をかけるところと削るところ、メリハリをつけて暮らしたいですね!