港区タワマン 底辺暮らし

港区タワマンで底辺ギリギリライフを送る、2児のワーママです。タワーマンションでのリアルな暮らしや、ママ友ネットワークを駆使したマンション情報などをお届けします。

港区のママ友ってマウンティングどうなの?

f:id:minatokumama:20181218162829j:image

港区のママ友ってマウンティングどうなの?

いよいよ来ました 笑

ママ友ってマウンティングすごいんでしょ?

ましてや、港区とかすごそう…

 

ママ友が100人近くいる私ですが、マウンティングを感じた事はほぼありません。

ほぼ、と言うのがポイントです。笑

 

ママ友にはいくつか種類があります。

 

1 .児童館や、支援センターで会うママ友

このタイプのママ友は、1度しか合わないことも多いです。

いきなり、連絡先を交換する場合も、少ないです。

「赤ちゃん何ヶ月ですか〜」から始まって、当たり障りのない会話をすることが、多いです。

 

マウンティングに至るほど、深い話をする場合は少ないでしょう。

 

 2.区の集まりやエクササイズなどで会うママ友

港区には、第一子の赤ちゃんのママ友が集まる「うさちゃんクラブ」と言う集まりがあります。

LINEの連絡先などを、交換する方も多いです。

 

また、愛育病院では出産後にエクササイズのクラスがあります。

港区に赤ちゃん連れで参加できる、ヨガ教室やバランスボール教室などもあり、そういったところで出会ったママ友さんは、ランチなどを一緒にする機会も多いかもしれません。

気が合う方は、貴重な大人の友達になる場合もあります。

 

徐々に深い話をする機会もあるので、マウンティングに感じるときもあるかもしれません。

 

 3.保育園や幼稚園のママ友

一般的に、ママ友と言うと、このイメージが強いと思います。

保育園のママと、幼稚園のママはだいぶ違います。笑

なぜなら、保育園のママは基本的に働いています。

専業主婦で入れるほど、港区の保活状況は、甘くありません。

なので、保育園のママは毎日忙しいです。

他の家庭のことを気にしているほど、暇ではありません。

送り迎えの時に、顔合わせて、挨拶するだけと言う場合も多いです。

 

一方、幼稚園のママはいろいろな場合があります。

専業主婦の方も多く、家事や育児で忙しいとは言え、保育園のママよりは、ゆったりと過ごされている方が、多いのも1日です。

 

時間があると、どうしても噂話や他の家庭の状況が気になってしまうことも…

 

幼稚園ママの、ママ友同士の会話は、マウンティングに聞こえる場合もあるかもしれません。

 

結局マウンティングって、何なの?

相手の言うことが自慢のように聞こえてしまう場合は、自分の心の中にどこか劣等感を持っている場合ではないでしょうか。

 

もしかすると、相手は悪気なく、自分の状況をお話ししているだけかもしれません。

 

世帯収入が1500万円、2000万円なんていう家庭はザラですし、外国人の方と結婚されている家庭も多いです。

 

そういった家庭の方のお話は、目新しく、楽しいことも多いです。

 

相手の話をマウンティングとすぐ受け取るのではなく、まずは素直に話を聞いてみると、面白い発見があるかもしれません。